30代でブライダルへの転職を目指す際にやっておくと役に立つ自己分析の方法
公開日 2020/02/17

画像

「転職をする際には自己分析をしましょう」という言葉は、きっと皆さんもどこかで耳にしたことがあるのではないでしょうか。自己分析は確かにとても重要です。今回のテーマは30代の転職です。30代でブライダル企業への転職を考える方向けに、自己分析がなぜ大切なのか、そしてどのようにすればよいのかについて解説します。

30代の転職で自己分析が大切な理由

画像

自己分析が転職する上で重要な理由については、大きく3つあります。

理由①20代から積み上げてきたキャリアやスキルが客観的に見える

30代の皆さんは、これまでに以前の職場でさまざまな経験やスキルを積み上げてきたことでしょう。その経験やスキルは皆さんの武器です。具体的にどのようなことを経験し、どのようなスキルが身についているかをあらためて知ることで自分自身の価値を客観的に見ることができるようになります。転職では自分自身を売り込まなければなりません。自らのセールスポイントを整理し、効果的に活用するためには、事前の自己分析が大切です。

理由②面接や職務経歴書の作成時に役立つ

自己分析を進めていくと、自分自身のことをより深く理解することができます。自己分析を正しく進めていけば、

  • 自分の長所
  • 自分の短所
  • 得意なこと
  • 不得意なこと

などについて明確に見えてくるでしょう。これらは今後かならず経験する「職務経歴の作成」や「面接」の際に必ず役に立つでしょう。必要に応じて自分を分析するのではなく、あらかじめポイントごとに「自分自身の特徴」をまとめておくことで、転職活動がスムーズに進みます。

理由③ブライダル業界への転職が自分に合っているのかを見極められる

自己分析は自分を知ることです。30代で転職を考える多くの方が、「長くずっと働き続けられる自分に合った職場を探したい」と感じているのではないでしょうか。20代よりも30代の方がやはり「安定」を求める傾向は強くなります。この先何度も仕事を転々とするのではなく安定した環境で長く働くには、自分に合った職場や職種を見つけることが不可欠です。それには必ず自己分析が必要になるのです。

転職を目指す際の自己分析では具体的に何を分析する?

画像

転職に際して自己分析をする場合、分析するポイントは大きく3つあります。

ポイント①これまでの経験で得たスキルや強みは何かを明確にする

自己分析において、自分の「セールスポイント」を整理するのは非常に重要です。これは、今後の転職活動においても必須となるため、自己分析で徹底的に洗い出しておきましょう。前職で最も達成感を感じた出来事や、大きな成果を上げた実績なども書き出しておくと良いです。

  • 自分がやりがいを感じられること
  • 自分自身が得意とすること
  • 今後の仕事に活かせる自分のスキル

と言うように、ポイントごとにまとめていくとより分かりやすいです。転職する際には自分の強みや経験を思う存分活かせるフィールドを選ぶことが大切。そのためにも自身のアピールポイントを明確にしておきましょう。

ポイント②これまでの経験で苦労したことや苦手だと感じた部分を明確にする

前職で失敗したことや、苦労したことにも目を向けましょう。自己分析をする際は、自分の長所だけを知ることではなく、苦手とする部分を知ることも必要です。

  • 前職で失敗したことや苦労したこと
  • どのような場合においてモチベーションをなくしてしまうのか
  • これまでの仕事を退職しようと思った理由

これらのポイントごとにまとめていくと、どのような場合にあなたがモチベーションを失い、仕事に対して前向きに取り組めなくなるのかが見えてきます。また、どうしても上手くいかなかった業務や苦手意識のある業務についても洗い出しましょう。

退職理由について見つめ直すことで、転職先を選ぶ際の判断材料になります。同じ理由で退職することが今後ないように、これまで会社を辞めたときの具体的な理由について書きだしておくと良いでしょう。

ポイント③将来どうなりたいか→キャリアプランを明確にする

自分の強みや弱みが見えてきたら、今後のキャリアプランについて考えましょう。30代の今、ブライダル業界への転職を目指すとして、さらにその先のビジョンまで描いておくことが大切です。なぜならキャリアプランに関しては面接の際に質問されることが非常に多く、目先の転職にばかりフォーカスしていると、さらにその先の将来についての質問に戸惑ってしまうことが多いからです。

  • なぜ今ブライダル業界へ転職したいのか
  • ブライダル業界で何を成し遂げたいのか
  • 長期的なキャリアプランをどう考えているのか

これらをまとめておくことで、自分自身の進む道筋がクリアに見えるようになります。1年後2年後そして5年後の未来において、ブライダル業界でどのような仕事に就いていたいのか、もしくはブライダル業界での経験を活かしてさらに他の業界へのキャリアチェンジを狙うのか、未来予想図を描きましょう。

ブライダル業界を目指す方に知っておいたほうがいいこと

画像

これまで他の業界でキャリアを積み上げ、30代のこれからをブライダル業界で活躍していきたいと考える方に知っていただきたいことがあります。それは、ブライダル業界で働く上で求められる資質です。自己分析をしたことで見えてきた自分像が、ブライダル業界にマッチしているかどうかを確認した上で転職活動を進めましょう。そして、転職活動においてはあなたという人材がブライダル業界に適していることを的確にアピールすることが大切です。それではここから更に詳しく解説していきましょう。

ブライダルに求められる3つの資質

①ビジネスマナーが身についている

結婚式というフォーマルな場面でさまざまな世代や職業の人たちと接するにあたり、マナーについて熟知していることは必須と言えます。言葉遣いや所作において適切に振舞えるよう、高いレベルのビジネスマナーが身についている必要があります。

②人に尽くして喜ばせることが好きである

結婚式を最高の形に作り上げ、新郎新婦や参列するゲストに満足してもらうことがブライダル業界で働く上での使命です。お客様の求めるものが何かを汲み取り、お客様を満足させることに喜びややりがいを感じられる人こそブライダル業界に向いていると言えます。

③精神的・身体的に強い

お客様と深く長期にわたり接するブライダルの仕事においては、ときに分かり合えるまでに時間がかかったり、上手くコミュニケーションがとれなかったりとさまざまな苦難を乗り越えていく場面があります。そのため、精神的な強さが求められます。

また、ウェディングプランナーの仕事は力仕事でもあります。重い荷物を大急ぎで運んだり、館内を端から端まで何往復も移動したりすることは日常茶飯事。体力的な強さも求められます。

転職活動時のアピールのコツ

30代でこれからブライダル業界で働きたい!と思う場合、これまでの経験の中で自分の強みとなった部分や得たスキルが具体的にどのようにブライダル業界で活かされるのかをアピールするのがポイントです。

つまり、先ほど紹介した「ブライダルに求められる資質」に該当するご自身の強みがある場合は、それを自身のセールスポイントにするのが効果的です。単に「○○が得意」ではなく「○○が自分の強みだからこそ、今後△△に活かせる」とブライダルに関連付けて伝えるのがコツです。

30代でブライダルへの転職を目指す際にやっておくと役に立つ自己分析の方法まとめ

30代になると、これまでの仕事で得た経験はたくさんあることでしょう。前職での成長を今後のブライダル業界での仕事に活かすためには、まずあなた自身が自分をきちんと理解することが大切です。理解をした上で、どの部分がブライダルへ業界で効果的に活かしていけるのかを判断し、転職活動で効果的にアピールできるようになっておきましょう!

    ピックアップ求人

    株式会社テイクアンドギヴ・ニーズのドレススタイリストの求人(正社員)

    職種
    ドレススタイリスト
    勤務地
    東京アトリエ: 東京都港区
    • 中途
    • 社会保障完備
    • ボーナスあり
    • 昇給・昇格

    株式会社ディアーズ・ブレインの顧客・担当制プランナーの求人(正社員)

    職種
    顧客・担当制プランナー
    勤務地
    複数勤務地
    • 中途
    • 交通費支給
    • 昇給・昇格
    • ボーナスあり

    株式会社リクルートゼクシィなびのウェディングプランナーの求人(正社員)

    職種
    ウェディングプランナー
    勤務地
    東京都 神奈川県 埼玉県 千葉県
    • 中途
    • 社会保障完備
    • 昇給・昇格
    • ボーナスあり

    株式会社メイションのウェディングプランナーの求人(正社員)

    職種
    ウェディングプランナー
    勤務地
    東京都港区
    • 中途
    • 社会保障完備
    • 昇給・昇格
    • ボーナスあり

    よくある質問

    pagetop