【ブライダル業界】在職中に転職活動の面接に行くのはあり?空白期間があった時の答え方
公開日 2020/10/14

ブライダル転職

転職活動の際、会社を辞めた後ではなく、在職中に転職活動を進める人は多いです。しかし、在職中に面接を進めるとなれば、会社との日程がなかなか合わず進めづらいことも多いです。在職中に転職活動の面接をスムーズに進めるにはどうしたら良いのでしょうか?
また、前の会社を辞めてからかなり時間が経っている方もいるでしょう。面接の場で「何でこんなに期間が空いたのですか?」という質問や「空白の期間は何をしていたのですか?」などといった質問がされることがあります。転職活動は長期化してしまうことがありますが、何か特別な理由があって空白期間が長くなってしまったという人もいます。前職を辞めた後の空白期間が長い人は、どのように空白期間に関する説明をすれば良いかもご紹介します!

転職活動は在職中か仕事を辞めた後か

転職活動は在職中に行うことをおすすめします。在職中であれば、経済面での負担、精神的負担を減らすことができます。仕事を辞めた後に転職活動をすると、いつ会社が決まり、いつから働くことができるかわからないので経済的に負担となってしまいます。また、いつ決まるかわからないので精神的な負担を減らすことができます。しかし、在職中であれば、面接の日程は決めづらくなるので、日程調整に関しては工夫して行うようにしましょう。

在職中の面接の日程調整

在職中であれば、平日は夕方まで会社にいなければならないので日程調整が難しい場合がほとんどです。応募先の企業の営業時間が平日の夕方までであれば、面接は勤務時間内の平日に行うことが多いので、在職中であれば時間が合わないということがあります。しかし、どうしても時間が合わない場合は、勤務時間外であったとしても面接を受け入れてもらえる場合もあるので、1度相談してみると良いでしょう。

平日に面接をするには

有給休暇を取得する

有給休暇を取得し、1度に複数の面接を設定すると効率的です。転職活動は1度に複数社の面接が進む場合があるので、なるべく同日で面接を設定するとスムーズに転職活動が進むでしょう。

オンライン面接をお願いする

Skypeでのオンライン面接を行う企業も増えています。場所が離れていたとしても、面接をすることができるので、応募先の企業にオンライン面接をすることが可能かお伺いしてみるのも良いかもしれません。自宅や外でオンライン面接を行う際には、なるべく静かな場所で声が十分に聞こえる場所で行うようにしましょう。

業務時間外の日程でお願いする

会社によっては、業務時間外の日程であっても面接をセッティングしてもらえる場合があります。業務時間外の日程をお願いする場合には、在職中であるという旨を伝え、謝りの文面とともにお願いするようにしましょう。もし、承諾していただけた場合には、「お休みの日にお時間を頂戴してしまい大変申し訳ございません」と失礼のないように述べると好印象です。

どうしても日程調整が難しい人は

日程調整が自分では難しいという人は、転職エージェントを利用することでスムーズに日程調整を行うことができます。企業との話し合いを代わりに行ってくれるので、転職が初めてという方にとっては非常に心強い存在となるでしょう。

長い空白期間とはどれくらいなのか

転職活動に必要な期間はおよそ3ヵ月程度であると言われています。そのため、退職してから次の転職先を見つけるまでに3か月程度であれば、面接官は長いと感じることはなく、空白期間として意識することはないでしょう。逆に3ヵ月を超えるような空白期間が生じた場合は、面接官はその間に何をしていたのだろうと気になる場合がほとんどです。

企業側は空白期間をどのように感じているのか

企業側にとって長い空白期間は、プラスに評価されることはあまりありません。評価の減点対象となることが多いので、空白期間に関する質問をされた場合にはその時間を将来のために有効に活用していたといった旨を伝えることが大切です。企業側が長い空白期間に関して考えることが多いのが、「仕事に対するモチベーションが低いのではないか」、「最新の市場動向に詳しくないのではないか」といった懸念点です。しかし、転職活動をずっと続けていたのにもかかわらず長期間採用されなかったということであれば、「人材としての魅力が足りないのではないか」、「会社とのミスマッチが生じているのではないか」といった点を面接官は危惧します。ブライダル業界がそもそも合っていない人材である、長所が業界と会っていないのではないかなどといた心配をします。

なぜ空白期間が長いのか?という質問に対する答え方

前職を辞めてからかなり時間が経過している場合には、「この空白期間は何をしていたのですか」という質問が必ずされます。この質問をされた際には、話し方が大切です。ただ単に「○○でアルバイトをしていました」などと答えるのではなく、どのような目的がありそのような行動していたのかといった理由まで説明する必要があります。例えば、「レストランでアルバイトをしていました。ブライダル業界で働きたいという思いが強く、お客様の気持ちを考えて行動する力を鍛えたかったので前職を辞めた後は一度レストランでアルバイトをして、修行を積み、転職活動に臨んだため、空白期間が長くなってしまいました」などと話すと、意味のある空白期間であるため、面接官からも好印象となるでしょう。

まとめ

在職中であったとしても、面接の日程調整は工夫して行うことができます。オンライン面接や業務時間外の面接など様々な方法があるので、自分に合った方法で在職中の転職活動の面接の日程調整をしましょう! 逆に、転職活動の時間が長くなり空白期間ができてしまった方は答え方に注意しましょう。仕事に対する意欲があまりなく転職活動をする時期が遅れてしまったと思われては、転職活動の面接はあまり上手くいきません。そのため、空白期間が長くなってしまった理由をキャリアと合わせて話すことで面接官から好印象となるでしょう。

    一緒によく読まれる記事

    • 【ブライダル面接】前向きな人・向上心がある人の短所をアピールする方法とは?

      詳しく見る
    • 面接対策講座・無料の模擬面接

      ブライダル業界転職のための面接対策講座・無料の模擬面接ってなに??

      詳しく見る
    • ブライダル業界の面接の進め方

      ブライダル業界で転職活動をするなら知りたい!面接の進め方と面接後にすべきこと

      詳しく見る
    • ブライダルの採用面接で受からない場合の主な理由とは

      詳しく見る
    • お礼の仕方とフィードバック

      ブライダル業界面接で好印象なお礼の仕方とフィードバックを受けるときのポイント

      詳しく見る
    • 面接の質問

      ブライダル業界へ転職する時の面接でおさえておきたい質問と回答例

      詳しく見る
    • ブライダル業界の面接は怖い

      ブライダル業界の面接は怖い?面接のストレスを減らす方法

      詳しく見る
    • 【ブライダル業界】面接の疑問!面接が長いのは良いこと?再面接は何のためにおこなう?

      詳しく見る
    • ブライダル業界へ転職!面接での質問例と答え方のコツ

      詳しく見る
    • ブライダル業界への転職活動時に面接で注意すべきポイント

      詳しく見る

    ピックアップ求人

    株式会社テイクアンドギヴ・ニーズのドレススタイリストの求人(正社員)

    職種
    ドレススタイリスト
    勤務地
    東京アトリエ: 東京都港区
    • 中途
    • 社会保障完備
    • ボーナスあり
    • 昇給・昇格

    株式会社ディアーズ・ブレインの顧客・担当制プランナーの求人(正社員)

    職種
    顧客・担当制プランナー
    勤務地
    複数勤務地
    • 中途
    • 交通費支給
    • 昇給・昇格
    • ボーナスあり

    株式会社リクルートゼクシィなびのウェディングプランナーの求人(正社員)

    職種
    ウェディングプランナー
    勤務地
    東京都 神奈川県 埼玉県 千葉県
    • 中途
    • 社会保障完備
    • 昇給・昇格
    • ボーナスあり

    株式会社メイションのウェディングプランナーの求人(正社員)

    職種
    ウェディングプランナー
    勤務地
    東京都港区
    • 中途
    • 社会保障完備
    • 昇給・昇格
    • ボーナスあり

    よくある質問

    pagetop